インターネット集客

店舗ブログの背景色はどんなカラーにすればよいのか?(当店の事例を紹介)

目安時間 20分
  • コピーしました
店舗ブログの背景色はどんなカラー

日常生活において、たくさんの色が存在しています。

 

それぞれ特徴があり【元気になる色】【落ち着く色】など。

 

色は 私たちに 大きな影響を与えています。

アオゾラ

会社やお店もイメージカラーによって 印象が変わります。

笑うおじさん

「楽天(RAKUTEN)」といえば・・・赤色です。

「ニトリ(NITORI)」といえば・・・緑色~!

こうした色の効果を活かし 多くの企業がイメージ戦略や広告に「色」を利用しています。

 

今回は 個人店(個人事業主)において 色の効果的な集客活用方法を 模索してみます。

 

(店舗ブログやホームページに使う「色」も とても重要ですが、後ほど話します)

 

赤色やオレンジが与える効果やイメージ

色にはそれぞれイメージや心理効果があります。

 

色は 見る人の感性に 影響を与えることができるんです☆

代表的な色の一般的なイメージを調べてみたわよ~!!

赤色の効果

 

「熱い、強い、情熱的」

 

「血液、太陽、炎」など。

 

赤色は 一般的に強いエネルギーを感じさせる色です。

 

活力を得ることができる。

 

相手を威圧するパワーも感じさせることからリーダーに好まれる色でもある。

 

(戦隊ヒーローのリーダーも赤!)

 

スポーツ選手のウェアや 店頭のPOP。

 

パッケージにもよく使用されています。

 

一方 赤には「怒りや攻撃的、危険」といった ネガティブなイメージもあります。

 

これらもやはり、それぞれ 強いエネルギーを感じさせます。

赤色は 主張も激しく目立つから このイメージを利用して 赤信号や消火器、パトカーランプにも採用されてるね。

笑うおじさん

それに赤は 暖色の代表格と読んでもよい色ですよね。

アオゾラ嬉しい

赤い部屋では 体感温度が2~3度上昇する実験結果も 出ているそうです。

 

オレンジ色は明るい 親しみやすい

オレンジ色は「暖かい 元気、明るい」

 

「健康的、楽しい、親しみやすい」

 

赤よりも 強さが薄まるオレンジは、陽気で 暖かい印象を与える色です。

 

一般的に オレンジを好む人は 人付き合いのよい陽気で社交的な人が多いとされています。

 

オレンジの持つ 優しく暖かな印象は 食欲とも関係が深いのです。

 

キッチンや食卓に オレンジ色を取り入れたり、オレンジ色の光を用いるのもオススメ。

 

また、オレンジの光は 不安や心の抑圧を取り除く効果が あるとされています。

オレンジ色は温かみある住宅関係のイメージに使用されることも多いらしいよ。

アオゾラ

また、カジュアルな印象から 飲食店のインテリアや イベントで使用されることも多いです。

 

ちなみに アオゾラブログも オレンジ色がテーマ♪

 

黄色や緑色が与えるイメージ効果

黄色の印象は楽しい

「希望、喜び、幸福」

 

「躍動、明朗、賑やか」太陽にもっとも近い色とされる黄色☆

 

まさに太陽のように 暖かで楽しい印象を与える色です。

 

稲や麦など穀物の実りからも連想される色なので、エネルギーに満ちた ポジティブな印象を与えることも可能です。

質問する男性

けれど、赤のように とても目立つ色だから 危険を表すサインにもなりますね。

アオゾラ悲しい

トラや蜂、ヘビなど 黄黒のシマ模様は 自然界でも警戒色。

 黄黒のしま模様は 自然界でも警戒色

踏切や立ち入り禁止の立て看板。

 

道路標識など 危険を表すものにも使用されています。

 

緑色の印象は安心感

「安らぎ、自然、落ち着き」

 

「若さ、健康、平和」

 

緑は 自然そのものの色で 安心感を与えます。

 

安らぎのある緑色

 

また草木のように スクスク成長する、健康的な印象を与えることもできます。

 

緑は中間色なので刺激も少ない。

 

目や心に優しい色味なので 心身のバランスを整えるリラックス効果も得られます。

 

そんな好印象なイメージを持たれがちな緑ですが、、、

 

「保守的やマイペース」といった少し保守的な一面があるので 積極的で活発な人には あまり好まれない印象です。

 

なぜなら緑は 活発的な赤の補色(正反対に位置する色)にあたる色だから。

 

そんな柔らかい印象から、リラクゼーション空間や商品、健康食品などにも多く使用されています。

 

アオゾラ

安心、安全を連想させる 非常口の表示やサインも 緑ですよね。

青色や紫色は知的なイメージ

青色の効果

「冷たい、爽やか、静か」

 

「知的、自由、神秘的」

 

青には抑制作用があり 感情を抑える色になっています。

 

また青は 水や海 空を連想させるので、冷たさや神秘的なイメージを持たれます。

 

副交感神経にも作用するため 心身を落ち着かせる効果もあり☆

 

かつ集中力を持続させたり冷静に判断できるなど、頭脳労働の場で使用すると効果的。

アオゾラ

ほかにも「信頼や誠実」といったイメージがありますよ。

企業のシンボル(象徴)カラーとしても人気やね~。

質問する男性

青のシンボルカラーといえば「ローソン」「Facebook」「twitter」「ANA」が 思いつくかな?

白と組み合わせると 清潔感や透明感が増し、より一層 印象が深くなるように感じます。

 

反対に・・・・・

 

青色は悲しく冷たい印象から 気分を沈めてしまう効果もあるので ご注意を。

 

高貴な印象の紫色

「高貴、高級、神秘的」

 

「大人、和風、古典的」

 

昔 紫色の染料はとても貴重だったことから、非常に高貴で高級な印象を与えます。

 

また、活発的な赤抑制の青が交じり合った 神秘的でスピリチュアルな色味から 心身のバランスを整える効果もあり。

 

紫の光は 潜在能力の引き上げにも効果的で 精神集中したい時に活用するとよいでしょう。

アオゾラ悲しい

ですが、多様しすぎると 不安な印象を持たれる色でもあります💦

ピンク色や白色のイメージは?

ピンク色

「かわいい、優しい、思いやり」

 

「若さ、幸せ、甘い」

 

ピンクは 恋や幸福を連想させる やさしくやわらかなイメージの色です。

 

ピンクには 心と身体を若返らせる効果もあり。

 

ピンク色のイメージ効果

 

思いやりや温かさを与えてくれる色でもあります。

 

花のイメージとして ピンクを連想する人も多く、花屋さんの看板に多く使用されています。

 

贈り物の包装紙、リボンにもよく使われる色。

 

一方「女性らしさの象徴」として扱われることも多い。

 

その印象を避けるため  敬遠されがちだったりもします。

アオゾラ

ピンクは とてもかわいらしい色ですが、甘味を刺激する色でもあるんです。

質問する男性

ダイエット中は避けた方がよいんですね。

白色

「純粋、無垢、自由」

 

「清潔、潔白、自由」

 

光、明るさの象徴である白は 清潔な印象を与えるのに効果的な色。

 

何色にも染まらない神の象徴でもあり 神秘的なイメージもあります。

 

純粋で無垢、純潔といったイメージなので、ウェディングドレスは やはり白が鉄板。

 

他にも 包帯やガーゼなど、ブライダル関係や 医療関係では とても相性が良い色です。

 

また「白紙に戻す」と言われるように、白はスタート、再生の色でもあります。

 

黒色のイメージは孤独だが威厳もあり

黒色(ブラック)

「重厚、威厳、高級感」

 

「孤独、威圧、暗さ」

 

白色と相対する黒色は、光と対する闇の印象を持たれる色です。

 

しかし、最も暗い色のため 主役を引き立たせることがうまく、重厚感や高級感 といった印象を与えることができます。

 

その為、テレビやオーディオなどの電子機器、車など、クールなイメージ広告として使用されることが多いです。

ダークな印象もあるけど「大人の印象」「渋いイメージ」もすごくあるわ~。

店舗ブログやホームページに使う色(シンボルカラー)についての考察

色の印象や効果がわかったところで、店の雰囲気とその色に合った「店舗ブログ」「店舗HP」を作るとよいです。

 

アオゾラのブログは「オレンジ色」を主体にしています。

アオゾラ

オレンジにした理由は【明るい!元気や親しみやすい】など表わすため 取り入れました♪

個人店オーナーさんの集客UP方法や 売上を上げる方法など、急にネットに出てきた 見ず知らずのアオゾラの情報ブログなんて、なかなか信じられません😅

 

そのような垣根を外そうと まずは楽しく明るい印象(オレンジ色)を出しています☆

実際のアオゾラさんは・・まぁ明るいというか オヤジギャグが好きというか、、そのままの印象というか 笑

ネットを使った集客!というと 難しい印象ですが ぶっちゃけそんなことない。

アオゾラ嬉しい

アオゾラでも(当店でも)集客成果は出てるので、楽しく情報発信できればと思って明るいオレンジのブログです☆

おっと、アオゾラブログは置いておいて。。。

 

当店の内装工事店舗ブログは、最初 アメブロでスタートしました。

 

アメーバブログでのテンプレート(背景)は 自分の好きな色やデザインを 当てはめてました。

 

(どんな背景だったか記憶はないけど、工事屋とは関係ないものでした😣)

 

ですが、集客のためには 店のイメージカラーやデザインも大事ではないだろうか?

 

と、ふと気づいたのです。

 

理由は以下です。

 

自分自身が「お客さんの立場」のとき、いろんなサイト(ブログ)をネットで見ますよね。

 

そのとき、例えば ●●耳鼻咽喉科 と検索し その耳鼻科HPが出てきたとします。

 

しかし、その耳鼻科HPが とても暗いイメージ色(黒色がベース)だったり、ガチャガチャして派手な色~!!(赤色)のものであれば・・・

アオゾラ悲しい

お医者さんの技術は良いけど、耳鼻科サイトのイメージ なんか違うよね。。。

って、思ってしまいます😣

このHP(ブログ) 悪趣味だな~ この店大丈夫? など 思ってしまうかもです。

しかし!!いざ自分の店となると・・・

 

ブログのシンボルカラーって 意外と気づかない、分からない、感覚がマヒしてるんです。

 

なので、私は 知人や親せきに、

 

✅「店ブログのデザイン」は店のイメージとマッチしているか?

 

✅当店のイメージと この色は合っている?

 

など ときどき聞いたり アドバイスもらったりして、色を変えた思い出があります。

質問おばさん

内装工事店のブログはどんな色合いがベースなの?

アオゾラ

淡いピンク色のような柔らかい色、あるいは オレンジや茶色を背景にしたブログもありました。

(現在はシンプルに背景は「白色」で文字は黒字)

工事屋なのにブログ背景がピンク色やオレンジ色の理由

当時 工事店ブログのシンボルカラーがピンク色やオレンジなんて驚きですよね!?

 

しかし、ピンク色の背景(デザイン)に決めたのには 理由がありました。

アオゾラ

あえて柔らかさを出し ブログを読む女性客にも 読みやすく親しみを出すためでした。

当店は内装工事店の中でも 主に左官業をしています。

 

同業者さんの左官屋ブログやHPを見ると【ザ・左官屋~!!】な印象のHPが多い。

 

決して優しい柔らかな印象のHPではなく、堅い職人、職人の店!男の店!というような。。。😅

アオゾラ悲しい

そのような店へアオゾラが見積り依頼するなら ちょっと怖そうで 緊張するかも

そこで、同業店では見たことないHP(ブログ)の背景色(暖色系)にして 柔らかい色合いに♪

笑うおじさん

親しみやすさ、見積もりのしやすさ、相談しやすいようなブログにしたかったんですね。

当店のお客さまは、男性、女性は問いません。

 

しかし「左官工事」となると 見積もり希望の女性客には なんとなく近寄りがたいイメージ。

 

そこを私自身が感じていたところだったので あえて驚きの暖色系をブログイメージにしました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

私たちが得る情報のほとんどは 視覚から来ています。

色の持つ心理効果は、このように影響力がとても大きい。

 

個人店のオーナー様も 色をうまく利用し、組み合わせ、ブログやホームページに活用して集客してくださいね。

 

以上【店舗ブログの背景色はどんなカラーにすればよいのか?(当店の事例を紹介)】の話をアオゾラがしました。

 

ー関連記事ー

ネット検索で「自分の店の存在」を世の中に知ってもらう方法

 

ブログやWEBサイト『ファビコン』は作る価値あり☆無料作成ツールもすこし紹介。

無料ブログ 【アメーバブログの名前由来】を考察した結果

人気ブログランキングに参加してます。(只今 5位以内!)

 

↓ 鳥かごを ポチっとして頂けると、ランキングポイントがUP☆アオゾラは励みになります😭


人気ブログランキング
応援よろしくお願いします☆

  • コピーしました