インターネット集客

ブログやWEBサイト『ファビコン』は作る価値あり☆無料作成ツールもすこし紹介。

目安時間 13分
  • コピーしました
ブログやWEBサイト『ファビコン』は作る価値あり

こんにちは、アオゾラです。

個人の内装工事店を営みながら WEBでの集客ノウハウを当ブログで案内しています。

 

さて、ショッピングサイトや検索エンジン、WEBページを閲覧している時。

 

アドレスバーや ブラウザタブに 小さなアイコンが表示しているのを 目にします。

 

↓(黒〇で囲っている小さなアイコン)

 

サイトのファビコンとは

ヤフージャパンなら「Y」で twitterなら「青い鳥」~。

笑うおじさん

アオゾラブログにも「アオゾラさんの顔」が出てますね。

この小さなアイコンの名前、呼びかたを【ファビコン】といいます。

 

そして、実は ファビコンは なかなか重要アイテムだったりします😁

 

今回は ブログを書く個人事業主(店舗オーナー)さんにも 関係する【ファビコン】について記事を書きます。

ファビコンは「お気に入りアイコン」といった意味合い

ファビコン(favicon)は「Favorite icon(フェイバリットアイコン)」を省略化した言葉。

 

「お気に入りのアイコン」といった意味合いになります。

 

ファビコンはインターネットに接続後、Googleなどブラウザを開いたさい そのページタブに表示されるタイトルの左先頭に付く小さな画像。

 

(「タブ」とは日本語に訳すと「付け札」や「目印」という意味合いで WEBページ上部に表示される「見出し部分」)

 

ほかに ファビコンが見られる箇所は どこですか?

アオゾラ

WEBページをブックマーク(お気に入り)すると「ブックマーク一覧」にファビコンは表示されます。

スマホでも WEBページをお気に入りに入れたり、ホーム画面に設定すると・・・

笑うおじさん

下記画像のようなファビコンが表示されますよね♪

スマホのファビコン

アオゾラ嬉しい

はい。スマホ ホーム画面上の ペイペイや天気、LINEなど正方形画像がファビコンです。

ブログに『ファビコン』あるメリットは人に覚えられやすい

インターネットでページを開いて見ているとき、このファビコンがあることのメリット

 

それは ファビコン表示されることで、私たちユーザー(読者)は 『そのページが どのWEBサイトなのか?』と一目で認知でき 記憶します。

Twitterなら「青い鳥」!ってピンと来るもんね。

笑うおじさん

Instagramなら「オレンジ系のカメラ」のイメージです。

その結果 サイト(ブログ)を閲覧する回数が増えたり、リピーターを増やすことに繋がります。

 

なので「店舗ブログ」を書いている個人店オーナーさんは その「店舗ブログ用のファビコン」があるとメリットです☆

笑うおじさん

オリジナルファビコンが出る「店舗ブログ」は 多くの人の目に 留まりやすい

同業他社との差別化もできるし ブランディングになること間違いなし☆

アオゾラ嬉しい

ちなみにアオゾラの工事店舗ブログにも「ファビコン(ロゴ)」は存在します。

世界の多くの人に 認知されている大企業のファビコン(InstagramやFacebook、twitterなど)。

 

また自身で 何度も見て覚えたファビコン(お気に入りに入れてるなど)は親近感と安心感が自然とわくもの🌸

 

自社ブランド名の頭文字やサイト名。

 

あるいは キャラクターロゴを ファビコン設定し表示させておくと・・・

アオゾラ

ユーザー(読者や見込み客)が視覚として覚えやすく「店の認知」に役立ちます。

 

ファビコン(小さいアイコン)は ブランドの大事な顔!

 

まさに その店(会社)のシンボルマークになる訳です。

ブログやサイトの『ファビコン』作成方法

ワードプレスでブログを作っているかたは、最近は「ファビコン」がカンタンに作成できることが多いです☆

アオゾラ

例えば WordPress無料テーマ「cocoon(コクーン)」を利用の場合 ファビコンは容易に作成できます。

ですが  “ 自分でファビコン作成するぞー。 ”

 

という場合、下記説明を参考にしてください。

 

・保存形式

 

ファビコンサイズは一般的に「16px×16px」が多い。

 

ですが、表示される場所により そのサイズはまちまち。

 

また、フォーマット(保存形式)もいくつかあります。

 

基本は「.ico(ICO保存形式)」で作成するのがお勧め。

 

パソコンのブラウザにより その他保存形式では 対応してくれない可能性があるからです。

 

また「.ico」は複数の画像をひとつのファイルに書き出すことができます。

 

・サイズ

 

先ほども記載しましたがファビコンサイズはまちまち。

 

・16×16

・32×32

・36×36

・48×48

・72×72

・96×96

・144×144

・180×180 …などなど

(ファイルサイズはそれぞれpx)

 

その全てを作成するのは、やはり手間なのです💦

 

が、だからといって 1つのサイズのみで使い回そうとすると、拡大縮小してしまい画像が綺麗に表示しません😖

 

なので、ファビコンは基本的な複数種類のサイズを用意しておくのが良いです。

 

例)代表的なサイズ

 

・16×16…IEのタブ

・24×24…IE9 「ピン留め機能」

・32×32…Chrome、Firefox、Safari などのタブ

・48×48…WindowsWebページアイコン

・64×64…高解像度 WindowsWebページアイコン

 

中でも 必要最低限 そろえておきたいオススメサイズが 16×16、32×32の2種類。

 

先ほども書きましたが、拡大縮小される場合があるので 本来ならば全種類用意しておくと良い。

しかし、最初はこの2種類から用意して試してみましょう。

 

最後に ファビコンを簡単に作成できる無料ツール をご紹介したいと思います。

ブログの『ファビコン』無料作成ツール

ファビコンを簡単に作成できる無料ツール です。

 

favicon.cc

 

海外のファビコン作成ツール。

 

会員登録、インストールいらずなので、ブラウザ上で手軽にファビコンを作れます。

 

使用したいカラーを選択し、画面中央に表示されているフレーム内の四角を 塗りつぶしながらデザインしていきます。

 

実際設置した際のイメージを 確認することができるので とても便利。

 

iconifier.net

こちらも海外のファビコン作成ツール。

 

こちらの場合は 基本になる画像を 事前に用意する必要があります。

 

ですが、アップロードするだけで パソコンやスマートフォンに対応する 多様なサイズのファビコンを 作成できます。

 

Faviconジェネレーター

こちらも ひとつの画像をアップロードすることにより 多様サイズのファビコンを作成できるツール。

 

使い方も日本語表記のため、簡単に使用できます。

 

favikon

 

ひとつの画像をアップロードし 簡単に作成できるツール。

 

ただし サイズは最小「16×16」のみとなってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。

アオゾラ嬉しい

「店舗ブログ」を運営しているかたは、ぜひ オリジナリティあふれる ファビコンを導入してみてください。

オリジナリティは大事やで~~♪

 

以上【ブログやWEBサイトの『ファビコン』は作る価値あり☆無料作成ツールもすこし紹介。】の話をアオゾラが書きました。

 

ー関連記事ー

 

写真画像 ピクセルとは?(twitterプロフィール画像やヘッダー画像サイズは?)

 

ブログに載せる引用文は何行までOK?引用の割合が知りたい!

 

WordPressのテーマとは何?テーマは必要なのか?

 

スマホ撮影した大きい写真画像を縮小する方法

 

人気ブログランキングに参加してます。(只今 5位以内!)

 

↓ こいのぼり ポチっとして頂けると、ランキングポイントがUP☆アオゾラは励みになります😭


人気ブログランキング

 

応援よろしくお願いします☆

  • コピーしました