パソコン操作

ネットから集客ができないなら「アナログ集客」その運用方法

  • コピーしました
ネットから集客できないからアナログ集客

デジタル化が進む現在。

 

自社、自店舗の集客方法として多く取り入れられているのがSNS、ブログ、アプリやホームページの活用といった、デジタルによる集客方法です。

 

しかし、デジタルは苦手、または馴染みがない方々に向け、今もなお 効果的に利用されているのが『アナログ集客方法』

新規顧客を増やしたい「アナログ集客」とは

ネットから集客ができないなら「アナログ集客」運用方法

 

先にも書きましたが、顧客へのアプローチとして 有効的とされているデジタル集客

 

食べログや エキテン、ホットペッパーといったレビューサイトに登録したり。

アオゾラ嬉しい

自店舗のホームページや ブログ作成して宣伝したりと、ネット社会ならでは といった集客方法が主流です。

 

しかし何かと忙しい主婦層や デジタルに疎い高齢者の目や耳には なかなか届きにくいのも事実ですよ。

そういった層に 広く認知してもらう方法として アナログ集客は 現在でも人気の集客方法です。

 

アナログ集客?どういったものがあったっけ?

 

と思われる方も いますか!?

 

・毎朝ポストに届く新聞の折り込み

 

・駅前で配られている広告入りのポケットティッシュ

 

みなさんも一度は 手にした事があるのではないでしょうか。

これらが「アナログ集客」の1つやで~。

私たちの生活の中に、実は アナログ集客方法って 結構  馴染み深かったりするのです。

 

そんなアナログ集客方法、どういったものが人気なのでしょう。

 

いくつかご紹介したいと思います。

新聞折込やポスティングなど 今も人気の「アナログ集客方法」

アナログ集客には、どんな方法があるのか?カンタンに案内しますね。

 

①新聞折込広告

 

年齢性別問わず、不特定多数の方々に広くアプローチができる新聞折込は、やはり人気のアナログ集客方法です。

 

新聞を定期購読している層をターゲットに、配布エリアのある新聞だからこそ、その地域に根差したアプローチができるのも人気の理由。

 

たとえばスーパーや薬局、ショップの売り出し広告、新規出店する店舗の宣伝など、この手法が効果的です。

 

特に高齢層、ファミリー層の目や耳に届きやすい傾向にあるようです。

 

逆に新聞を購読しない層をターゲットに絞りたい店舗や商品には不向きかもしれません。

 

また、興味のない人にもアプローチをかけてしまうというデメリットもあります。

 

②チラシのポスティング

こちらも新聞折込と似てはいるのですが、大きな違いは新聞購読をしていない各家庭に一軒一軒確実にポスティングしていけること。

より地域を絞ってのアプローチが出来るのがこの手法ではないでしょうか。

また、チラシはポスティングの他にも新規出店する際、店員自ら店舗前で配布する手法もあります。

地元のお店のリニューアル、クリーニング店、他にも週末のイベントなど、特定の地域や日時を絞った集客を見込みやすいです。

 

新聞折込やポスティングどちらにも共通するのですが、チラシのデザインや印刷費用がかかります。

興味のない人にもアプローチをしてしまうというデメリットもあります。

 

③看板やPOP、のぼりの設置

店頭や周辺道路から見える看板やのぼり、こちらは圧倒的に視認性にすぐれたアプローチ方法だと思います。

常に同じ場所に設置してあるので、通りかかる度知らず知らずに覚えてしまう、という認知度の向上にも役立ちます。

看板やのぼりのデザイン代、購入費はかかりますが、一度設置すれば手間とコストはしばらくかからないというのもメリット。

店頭看板やPOPの文字やイラストを手書きしてオリジナリティを出すとより目を引きやすくなります。

 

デメリットとしては、地域の条例により看板のサイズや設置場所、デザインが制限される場合があります。

また、看板は作り直しが難しく、お店の印象にも関わるので適切なデザインを心がけるようにしましょう。

アナログ集客にあって嬉しい 2つの制度

個人的な意見ではあるのですが、これまでに実践、体験して良いと実感した「アナログ集客」の付属制度をご紹介します。

 

①割引クーポン制度

 

食べログやホットペッパーなどにもある割引制度。

 

チラシやダイレクトメールの片隅に付いた割引券、店舗に赴いた際に配布される次回割引券など、こういった割引制度は新規顧客やリピーターの獲得に繋がりやすいです。

 

実際、私が顧客側であった時、チラシにクーポンがついていると目を通しやすく、興味ある内容ですと一度覗いてみようかな、という気分になります。

 

また、従業員側であった場合、こういったクーポン券を持参、使用する方は多かったという実感がありました。

 

②紹介制度

 

既に あなたの店舗にファンとなってくれる顧客がいらっしゃるのなら 紹介制度を導入するのもオススメです。

 

新たな顧客を紹介

連れてきてくれた方には割引や商品のプレゼントをするといったもの。

 

実際に 店舗を利用している方の声 というのは本当にリアリティがあります。

 

信用度も高いので、こちらも新規顧客を見込みやすくなります。

 

本当に良いなぁ 好きだなぁ、と思う店舗は仲の良い友人や知人、家族に知らせたくなるもの。

 

そこにこういった制度が導入されてくると、ファンとしては嬉しいばかりです。

 

いかがでしたか?

 

デジタルはデジタルの。
アナログはアナログの それぞれの良さを活かした集客方法を お試しいただければ・・・・

 

とはいうものの、コストがかからない、お金をかけたくない!

そんな場合は「デジタル集客=ネットからの集客」が一番やで~♪

笑うおじさん

アオゾラさんの無料メルマガに登録すれば ネット(WEB)集客法を学べますよ。

ー関連記事ー

 

アナログ集客のポスティング(チラシ配り)を業者へ頼む相場値段や集客効果

 

ホームページ制作代行で頼まなくても店舗集客はできる~代行会社のメリットやデメリットと費用の目安~

 

店舗集客のためエキテン利用の効果は?ホームページやブログ代わりになる?

 

ネットから集客する方法を無料メルマガで伝授☆彡

 

 

  • コピーしました
 詳しいプロフィール

アオゾラ

アオゾラ

大阪で個人の内装業店(自営業)を営んでいます。 当店の集客方法は主に「インターネットを使った集客」 集客して店の売上げUPしたい。そんな店舗運営のオーナー様に集客のコツをお伝えします★また私の実践記や調べたことも書いています。

ナビゲーション
タグ