Wordpressブログの設定

ブログの文章はいつ「太文字」を使う?太文字の効果や短所は?

目安時間 11分
  • コピーしました
ブログの太文字の効果

こんにちは。

大阪で内装業を営んでいるアオゾラです。

アオゾラ

ブログやSNSなど インターネットを利用して WEB集客してます💪

当店のブログは 2009年よりスタート★

 

開始当初、ブログの書き方が分からないも 必死に記事投稿。

アオゾラ悲しい

いま思えば、記事内容も 適当で 文字色や太文字も 構わず使用してました(笑)。

しかし、ブログを書いて10年以上経過。

 

当店のブログを読まれる方々が増え、問い合わせを たくさん頂く現在。

 

ブログ文章(記事)の太文字は、ピンポイントで利用すると アクセスも伸びる!

 

また、客観的に見ても読みやすい。

 

ということを知りました。

 

今回は【ブログ記事内に使う 太文字の効果やメリット】。

 

また【太文字を乱用すると 読みづらいブログになる】

 

などを案内します。

WordPressブログで「太文字」の入れかた

まずは技術的な操作。

WordPressブログでつくったブログ記事に「太文字」を入れる方法です。

 

太文字にするやりかた

 

1.ブログ記事投稿ページへ行く。

 

2.右上の投稿モードは「ビジュアル」にする。(テキストもできるが、今回はビジュアルモードで)

 

3.投稿ページ左上の【B】が太文字装飾にするタグ。

 

太文字のタグ

 

4.投稿ページで「太文字にしたい文字」を打つ(書く)。

 

5.マウスを動かしドラッグしたまま【B】を押す。

 

6.「太文字にしたい文字」が太くなった★

 

アオゾラ

これは普通の文字ですよ。

笑うおじさん

こちらは太文字を使った文です。

ブログ記事内に使う太文字の効果や長所

ブログ記事の文章 または 文字に「太文字」を使う効果を案内します。

アオゾラ

太文字を使うところって、どんなときですか?

笑うおじさん

読者さんに強く伝えたいところは 太文字にするかなぁ。

私、アオゾラも同じです。

 

ブログ記事内で お客さんに特に強く言いたいところ、伝わってほしい点。

 

また 今回の記事は この箇所がピンポイントで大事★

 

そのような箇所を「太文字」で装飾します。

 

とはいえ 記事では あのことも、このことも 全部 見込み客さんに伝えたい~!教えたい~!

ついつい 多くのことを「太文字」で伝えたくなるんです。

しかし、欲張らず 特に強調したいとこを「太文字」にすることで・・・

 

メリハリのある記事にもなります。

アオゾラ

また、読みやすいブログになるんですよ。

ブログが見やすい♪という「見映えの効果」はもちろん😊

 

文字を太くする(太文字)と、Google検索にも 良い影響(SEO効果)が出ます。

 

Googleがブログサイトの「太文字」を読み取ることで、検索ページ上位に表示されやすい記事になります。
質問する男性

太文字で書くだけで 記事が検索に引っかかるんですか?

文の全てを「太文字」で書いても 検索で引っかかる記事にはなりません。

 

記事に書いてある内容も筋がとおり 分かりやすく、かつ「太文字」を使うところは記事内容としっかり関連するのが大事。

質問する男性

すこしムズカシイな~。例をあげてほしいです。

それでは、悪い例と良い例をあげて「太文字の使いかた」を案内します。

ブログに太文字を使う悪い例

まずは「ブログ記事に使う太文字の悪い例」です。

 

太文字の悪い例

つば九郎と「あつまれどうぶつの森のツバクロが似ている」印象で 私 区別つかなくなるときあります。

しかし、どちらもカワイイ。

つば九郎さんがアメブロ日記を書くとは・・・驚きです(笑)

つば九郎もブログ継続してるんだから、アオゾラも続けます☆

 

お次は 超人気占い師のゲッターズ飯田さん。

ゲッターズ飯田さんのブログ内容は「今日の占い」かな?

と思ったら、すこし異なり「人生アドバイス・人生論」が書いてあります。

タイトルも魅力的で いろいろ読んでみたくなったー。

 

読者さんに ぜひ読んでほしいという気持ちが強い場合。

 

太文字(または 色文字)をやたら多く使い アピールしがち。

 

しかし、記事のほとんどを「太文字」にするのはNG。

 

この記事は結局 なにが言いたい? どの部分が重要なの?

と、読み手も理解しづらく また見栄えも悪いです。

 

Googleも読者と同じで 多くの太文字が記事にあると 理解しづらい。

 

また 検索上位につながることにはなりません。

ブログに太文字を使う良い例

つづいて「ブログ記事に使う太文字の良い例」です。

 

太文字の良い例

つば九郎と「あつまれどうぶつの森のツバクロが似ている」印象で 私 区別つかなくなるときあります。

しかし、どちらもカワイイ。

つば九郎さんがアメブロ日記を書くとは・・・驚きです(笑)

つば九郎もブログ継続してるんだから、アオゾラも続けます☆

 

お次は 超人気占い師のゲッターズ飯田さん。

ゲッターズ飯田さんのブログ内容は「今日の占い」かな?

と思ったら、すこし異なり「人生アドバイス・人生論」が書いてあります。

タイトルも魅力的で いろいろ読んでみたくなったー。

 

太文字にする部分は、記事内で 特に伝えたい、アピールしたい部分。

 

読者さんも、太文字部分には 自然と目が行きやすく印象も残る。

 

ですので 記事のアピールポイントとしっかり合致すれば より伝わりやすい、分かりやすいブログ記事に完成します。

 

アオゾラ

記事内容も分かりやすく書くうえ、より伝えたい部分は太文字にしましょう。

 

まとめ:ブログの太文字ばかり頼らず 筋の通った記事に仕上げる

ブログ記事は「どんな情報が書いてあるのか?どんな内容?」

 

それが、シンプルに読者に分かれば良いのです。

 

そして 記事内で 特に分かってほしい部分、伝えたい部分を「太文字」で飾る。

 

1つの記事に、いろいろな内容(テーマ)が混ざって書かれていたのでは、なおさら 分かりにくいブログに💦

アオゾラ悲しい

それを 太文字装飾しても ごちゃごちゃブログになるだけ。

 

「太文字」は見栄え的にインパクトがあります。

 

しかし使う部分を間違えれば 何が言いたいブログなのかさえ分からなくなります。

 

まずは 読者さん(見込み客)が読みやすい、わかりやすい文章で書くのが一番大切です。

 

そのあと、太文字や色文字で 記事内容を強調、アピールするという流れで ブログは書きましょう。

 

以上【ブログの文章はいつ「太文字」を使う?太文字の効果や短所は?】の話をアオゾラが書きました。

 

ー関連記事ー

ブログの見出しとは? 記事内に見出しを付ける方法

 

ブログの内容が浮かばない 書きかたが分からない場合 スラスラ書ける方法

 

パソコンクリックとダブルクリックの違いや使いかた

 

↓下記リンクをクリック頂くと「アオゾラのブログランキングポイント」が加算☆

 

人気ブログランキング参加してますので、応援よろしくお願いします😊

  • コピーしました