ブログの書き方

ブログの見出しとは? 記事内に見出しを付ける方法

目安時間 9分
  • コピーしました
ブログ見出しとは

『ブログの見出し(みだし)』とは、本でいえば『目次』のこと☆

 

本を読むとき『目次』を見て 読みたい箇所を 先に読むことはありませんか?

笑うおじさん

『目次』があることで、その本全体の内容もスムーズに分かりますよね☆

アオゾラ

『ブログの見出し』も同じです。

そのブログ記事に書いてある内容が 見出しを読めば ある程度理解できる 長所があります。

 

今回は『ブログの見出し』とは?

 

『Wordpressブログの見出しの付け方』。

 

『Wordpressブログの見出しの使い方』を紹介します。

 

ブログの見出しとは「本の目次」のこと

ブログの見出しとはどんなものか!?

 

アオゾラブログをご覧ください☆

 

以下が『ブログの見出し』です。

 

ブログの見出し

笑うおじさん

記事の本文中に出てくる「小タイトル」ですね!見たことあります。

 

続いて、青窓の一覧が「ブログの目次」

 

ブログの目次

 

 

記事全体のタイトルは、記事の一番上に大きく表示されます。

 

ブログのタイトル名

アオゾラ嬉しい

いわゆる『ブログの見出し』は タイトルがホールケーキであれば 見出しはカットケーキかな!

質問する男性

なーんとなく分かるかも。あっチーズケーキ食べたい。。。笑

 

WordPressブログ 見出しの付けかたは「段落」を使う

それでは次に【ブログ内で見出しを入れる方法】。

 

WordPressブログの投稿画面を「ビジュアル」モードにします。

 

Wordpressブログのビジュアル

(テキストモードでは 表示されないので注意。)

 

投稿画面ページの左上に「段落」があり ▼をクリックすると・・・

 

見出し1 見出し2 見出し3 見出し4.....と出る。

 

Wordpressの見出し

 

見出し1は、すでに記事タイトルで使用済。

記事内で見出しを使うには  見出し2(大見出し)見出し3(中見出し)見出し4(小見出し).....を使います。

アオゾラ

難しく考えず 見出しは「見出し2と見出し3」を使えば十分☆

ブログ投稿画面で行う流れは「段落」クリック⇒「見出し2」クリック⇒「見出し文を書く」でOK。

 

また「書いた見出し文」をドラッグし反転表示してから、見出し2をクリックしても可能です♪

 

そのような操作をすると、投稿画面に「見出し2~5」ができました。

 

ブログ投稿画面の見出し作成

 

投稿画面の見出しを「プレビュー」を押し確認すると・・・表示されてる😊

 

ブログプレビュー画面

 

目で見てわかるように、見出し2,3,4,5と順番に 文字サイズが小さくなります。

 

WordPressブログ 見出しをどうやって付ける?

「見出しの付け方」は理解できました。

 

しかし、ブログ記事のなかに どうやって「見出し文」を入れ 展開していくのだ!?

 

ぼんやり理解したけど、まだムズカシイ。。。

 

ぼんやりして難しいなら、もう一度 今回記事の 最初部分を読んでみてください。

 

『ブログの見出し(みだし)』とは、本でいえば『目次』のこと。

 

ブログの見た目は「本」ではないけれど、情報が詰まった いわばコンパクトな本なのです。

 

その本(ブログ)のなかで、一番言いたいこと、伝えたい情報が「タイトル」になっているはず。

 

そのタイトルを掘り下げていった言葉や文が「見出し」でできている。

 

例えばブログ記事を『我が家の猫のペット!』というタイトルを付けるとします。

 

見出し1 タイトル:『我が家の猫のペット!』

 

見出し2:我が家の猫名「ベンケーシー」☆

 

見出し3:ベンケーシーの好きな食べ物

 

見出し3:ベンケーシーの友達「寅吉」

 

見出し3:ベンケーシーの日常ルーティン

 

見出し2:我が家のペット 猫の理由

 

見出し3:ペットが犬の場合 デメリット

 

見出し3:ペットが猫の場合 メリットしか勝たん!

 

タイトルの内容を「見出し2」が補い、見出し内容を「見出し3」が補っているのがわかります。

まとめ:見出し付けは 最初は難しいので無理に入れる必要なし!

見出しを付けると、ブログ訪問した読者には 記事内容が分かりやすい長所があります。

 

しかし、ブログを書く側にとって「見出しをつける作業」は、初めは慣れておらず 付けにくいものです💦

 

「見出し」を付けるため 記事内容がまとまらず おかしくなったりすることがあります。

ブログ投稿の初期は「見出しナシ」で書いても良い と私は思います。

 

実際に当店ブログは・・・現在でも 見出しを入れてないです。(笑)

 

もちろん、検索ページ上位ページに掲載されるためには大事な要素。

 

しかし「見出しをつける」のに頭を悩ますせいで、記事を書き進められないほうが 本末転倒。。。

 

「店舗ブログ」に書く内容は お客さんにとって有益な情報で、見出しを付けるのが目的ではありません。

アオゾラ嬉しい

お客さんが読むとワクワクするような  自分の気持ちを たくさ~ん投入して 楽しく書いてくださいね☆

いつか「見出し」が苦にせず付けられるようになったら、トライしてみてください。

 

以上【ブログの見出しとは? 記事内に見出しを付ける方法】の話をアオゾラがしました。

 

ー関連記事ー

ブログの文章はいつ「太文字」を使う?太文字の効果や短所は?

 

WordPressのテーマとは何?テーマは必要なのか?

 

WordPressブログで目次を設定する方法-プラグインはTable of Contents Plus-

 

ブログにGoogleマップを貼りたい 埋め込む方法

 

 

↓下記リンクをクリック頂くと「アオゾラのブログランキングポイント」が加算☆

 

人気ブログランキング参加してますので、応援よろしくお願いします😊

  • コピーしました