ブログの書き方

集客するターゲットをイメージしてブログを書くけどターゲット範囲は大きくしない

目安時間 12分
  • コピーしました
集客するターゲットをイメージしてブログを書く

こんにちは☆アオゾラです。

 

お店を営業する中 集客するうえでターゲット(対象者)を決めてますか?

 

私 アオゾラがネット集客するのに「店舗ブログ」をスタートした当初、集客のターゲット(お客様)は決めてませんでした。。。

質問おばさん

それならば、どんな内容の「店舗ブログ」を書いていたんよ?

質問する男性

誰に向けて「店舗ブログ」を書いてたんですか?

アオゾラ悲しい

実はですね、、、な~んにも思わず、とにかく初めは テキトーにブログ書いてました。。。(泣 笑)

 

しかし、それではブログ(ネット)から集客なんてできません。

 

 

そこでヤバイと思った私は ブログを書く上で「集客のためのターゲット」をイメージしながら書く癖をつけました。

 

質問する男性

集客ターゲットをイメージすることで 長所はあったんですか?

アオゾラ

長所は 第一にブログ記事が書きやすくなりました☆

お店を経営するのに集客ターゲットを決めることで ほかにも長所がありますので、今回は記事で紹介します。

 

(しかし、ターゲットを決めるうえで 注意点もありますので それも書いておきます)

 

集客のターゲット(買ってくれるお客さん)を決める方法

町のリフォーム店やネイルサロン、整骨院などのスモールビジネス☆

 

ブログなどを書いてネットから集客するために・・・

 

『誰に向けて書くの?』

 

『どういうお客さんが商品を買ってほしいの?』

 

初めに ぼんやりでも良いから ターゲットを決めることです。

初めからバッチリ決めなくても良いで~。まずはともかく「決める」ことが大事なんや~♪

 

はい、とにかくも こんなお客さんと繋がりたい、こんなお客さんが来てほしい☆

 

私はそれをイメージしました。

 

例えば 当店のばあい 内装工事(リフォーム)店を営んでいます。

 

私たちが来てほしい仕事(工事内容)は【部屋の内装工事】でした。

 

(理由は 部屋内の工事なら、天候に左右されずに作業ができるから♪)

アオゾラ

つまり、部屋の内装リフォームをしたい!そんなお客さん(ターゲット)が来てほしかったんです。

 

そこで 部屋の内装リフォームでは【和室(床の間)壁のリフォーム】が多いことは分かってました。

 

どこの家でも 和室って意外とありますもんね☆

アオゾラ嬉しい

はい!こんな感じで 当店の最初のターゲット は決定しました。

 

戸建て住宅でも、マンションでも、アパートでも和室は多くあります。

 

ですので、まずは店舗ブログに【和室の壁をリフォームしたい!】

 

そんな和室をリフォームしたい見込み客(ターゲット)に向け ブログ記事を書いていくのです。

 

では、あなたのお店の場合はどうですか?

 

どんなお客さんが来てほしいですか?

 

その方に向けて ブログ記事を書いていきましょうぞ!!

 

ターゲットを決める注意点:範囲は大きくしない(広くしない)

集客ターゲットは広げない

 

そりゃ、誰だって 多くの仕事をもらいたいです。

 

店の多くの いろんな商品(サービス)を買ってほしいです。

 

しかし、いろいろな商品を紹介し ブログ記事を書くと ターゲットの範囲が自然と大きくなってしまいますよね。

 

例えば、当店を例に出します。

 

当店のサービスは「部屋の内装工事」「外壁のリフォーム」「屋根のリフォーム工事」「外構工事」など様々です。

 

そして、たまには「大工工事」「水道工事」「電気工事」なども絡むこともあります。

 

しかし、大工も含め これらのことを 全てブログ記事にて紹介していれば・・・

 

 

えっと、、、、何屋さんでした??(総合リフォーム業?)

 

大きなくくりでは、当店は「建設業」なので、ブログに書く内容として 悪いわけではありません。

 

しかし、当店は【内装工事が中心の個人店】。

 

そして 来てほしいお客さんは【内装工事(リフォーム)したい人】

 

ターゲット範囲を大きく、広くしても その分、お客様が増えることはありませんでした。

 

反対に ・・・・

 

和室の畳も ついでに入れ替えてほしいんだけど。

 

 

という具合で、自分たちの仕事範囲以上の要望が出てしまうこともあります。

 

だからといって お断りできないときもありますしね。

(お客さん側からしたら、工事の細かい話って分からないんですからね。)

 

ですので、最初から ある程度のターゲット(来てほしいお客さん)を決めたなら、そこからブレず「何でも屋」にならず ネット(ブログ)発信は していくほうが良いです。

 

ブログ集客でのターゲットを決めるメリット(長所)

店舗集客でターゲット(見込み客)を決めることでのメリットを当店の実践から紹介します。

 

当店の集客ターゲットは【部屋の内装工事をしたい方】。

 

ターゲットをある程度決めることでのメリットは以下です。

 

●ターゲットがイメージできてるのでブログが書きやすい

 

●ブログを読んだ見込み客から「問い合わせ」が来る導線ができるため 話が早い(成約率が高くなる)

 

大まかに メリットを2つあげてみました。

 

アオゾラ

いざブログを書くとき ターゲットが頭に入っているので 文章内容がぶれません。

また、その見込み客へ向け ストーリー仕立てに書きやすいです。

質問おばさん

なんとな~く文章を書くと、あちこちに内容が飛んだブログ記事になるわな。。。

アオゾラ嬉しい

そうなんです。和室リフォームに向けた方へ♪と 決めてブログを書くと 和室リフォームしたい人の気持ちや悩みなども 自然に文中に入れて書くことができるんです。

 

また、もう1つのメリットですが、

 

ターゲットを決めてブログ記事を書いていると、その悩みで検索している見込み客が 当店ブログへ辿りつきやすくなります。

 

すでに、ブログ記事の内容が ターゲットが悩んでいる、困っていることと合致しやすい。

 

そのため ブログ内の見込み客の「問い合わせ内容」も 的を得た内容で ご相談が来ます。

アオゾラ嬉しい

なので 私たちも問い合わせ(お悩み)内容に対し 回答しやすくなります☆

まとめ:集客ターゲットは 誰にブログを読んでもらいたい?で決まり!

 

集客するうえで ターゲット(買ってもらいたいお客さん)を決めることは 大切です。

 

だけど、ターゲットや●●作戦~、マーケティングなどの言葉を聞くと う~ん 難しい気がしちゃいます。

アオゾラ悲しい

●●作戦!とか聞くと、私も難しいって思いますもん。

 

ターゲットや販売作戦などのビジネス用語を聞くと 集客が途端に難しい レベルが高い感じに思えます。

 

しかし、よく考えてみましょう。

 

ブログ記事(文章)を書くのはパソコンを使います。

ですが、そもそも書くという行為は「普通のノートに文章を書く」のと同じです。

 

また、書く内容も 自分の仕事以外の専門内容を書くのではありません。

 

・自分の仕事(店舗)を知ってもらい、商品やサービスを買ってほしいお客さんに向け その人をイメージして文章を書く。

 

という、よく考えればシンプルな話です。

あなたの店のブログ・・・恋人に読んでもらいたいの?(恋人ならLINEしなはれや。)

店舗集客するためブログを書くなら やみくもにでなく、まず 大まかでも良いので 気軽にターゲットを決めてみましょうね。

 

以上【集客するターゲットをイメージしてブログを書くけど ターゲット範囲は大きくしない】の話をアオゾラが書きました。

 

ー関連記事ー

 

ブログの内容が浮かばない 書きかたが分からない場合 スラスラ書ける方法

 

ブログにGoogleマップを貼りたい 埋め込む方法

 

店舗ブログを書く時間を確保する方法やコツ(体験談あり)

 

ネット検索で「自分の店の存在」を世の中に知ってもらう方法

 

人気ブログランキングに参加してます。

 

↓ 金魚鉢をポチっとして頂けるとランキングポイントUP☆アオゾラは励みになります。


人気ブログランキング

 

応援よろしくお願いします☆

  • コピーしました